• ADEX plus

伝えたい思いを届けたい人にきちんと届ける。東京手仕事プロジェクト ~私と東京手仕事~



 東京の伝統工芸職人とデザイナーをマッチングさせ、現代のライフスタイルに合った新しい伝統工芸品を創り、その魅力を発信する。それが「東京手仕事プロジェクト」。


 プロジェクトの一環として新たに開発されたのは、洗練されたデザインが特徴の切子グラスや、パンダが愛らしい江戸木目込み人形、東京彫金とコラボした江戸風鈴をはじめとした10商品です。

OUTLINE


 これら10の新たな開発商品を通して、暮らしにこだわる30~40代女性をターゲットに、東京手仕事の興味喚起につなげるために、ターゲットが日頃情報摂取に活用する媒体「Instagram」の公式アカウントを最重要タッチポイントとらえ、公式アカウント内コンテンツとして10の開発商品にフォーカスした動画を制作しました。動画では、こだわりのライフスタイルが支持されているパワーインフルエンサーを起用し、それぞれの立場で、暮らしに寄り添う東京手仕事の魅力を語っていただきました。


CREATIVE POINT


 クリエーティブの工夫としては、「日常の暮らしに寄り添う伝統工芸品」を描きながらも、手仕事プロダクトならではの繊細で洗練された美しさと質感を表現するために自然光を活用したカメラワークです。伝統工芸品に持たれている”敷居が高い”というイメージを払しょくし、伝統工芸品が美しさと実用性を兼ね備えた日常に寄り添うモノであることを印象付ける動画に仕上がりました。


EFFECTIVENESS

 ターゲットが好む世界観のクリエーティブとキャスティングの実現により、結果として、動画の再生数はKPIのおよそ300%に達し、公式Instagramフォロワーの増加率は182%を達成。狙いたいターゲットにアピールできたプロモーションとなりました。



詳しくはこちら:Instagram 東京手仕事オフィシャルページ


ADEX plusへのお問い合わせはこちら:ADEX plus コンタクトページ

最新記事

すべて表示

アンステレオタイプ広告賞優秀作品としてADEX制作の2つの作品が紹介されました。

11月11日(木)付けの日本経済新聞朝刊で、第2回「日経ウーマンエンパワーメント広告賞」の受賞作品等がカラー見開きで紹介されました。この特集記事の中で、サイボウズの新聞広告「多様性についてのお詫び広告」とクレハWebムービー「僕は手伝わない」のADEX制作の2つの作品がアンステレオタイプ広告賞優秀作品として取り上げられました。