• ADEX plus

社名認知向上のため、振り付けで覚えさせるトヨクモ ポージングTVCM



BtoB向けのクラウド型安否確認サービスを提供するトヨクモー長期的・継続的に使えるTVCMとして「安否確認サービス2」の製品アピールと社名認知を高めるポーズや振り付けを制作


雲を作り出し、農業が出来るように大地に雨をもたらしたといわれる豊雲野神(とよくもののかみ)のように、全世界にクラウド(雲)を拡げるという願いを込めた『トヨクモ』という社名。


その認知を長期的に、継続的に高め、またクラウド型安否認知サービスの特長をアピールするポージングロゴ(振り付け)で、社名とタグラインを表現しました。

ADEXのCM制作実績から、振付師はエアーマンさんに決定。TVCMと交通広告を中心にメディア展開


振付師を起用した数々のADEXのCM制作実績から、今回はエアーマンさんの起用を提案。

ポージングロゴを活用したCM事例の構造を引き合いに、クライアント様との綿密なすり合わせを通してお互いの納得感を醸成させることで、CM制作はスムースに進行しました。


「カンタ~ン、トヨクモ♪」のポージングロゴを繰り返すことで、トヨクモの社名と「安否確認サービス2」の認知向上に寄与しています。


2020年9月以降、テレビCMと交通広告を中心にメディア展開を実施。クライアント様や取引先様から高い評価を頂いています。

詳しくはこちら

トヨクモ 安否確認サービス ホームページ YouTubeチャンネル

最新記事

すべて表示

第50回フジサンケイグループ広告大賞においてMS&ADインシュアランスホールディングスの90秒CM“さあ、いい方の未来へ”が特別部門賞を受賞

フジサンケイグループ広告大賞は広告界に確固たる地位を築き上げている総合広告コンクール。広告の総合性、広告の創造性、広告の大衆性の3事項を基本コンセプトにしています。部門はフジサンケイグループ広告大賞グランプリを含む『メディアミックス部門』、各媒体別に作品を審査する『メディア部門』『クリエイティブ部門』『パブリック部門』、話題性の高かった広告や社会に貢献した企業キャンペーンなどを表彰する『特別部門』