• ADEX plus

映文連アワード2022において、日総工産「夢を、一緒に」が特別表彰 優秀企画賞を受賞しました



クライアント:日総工産株式会社

受賞作品:「夢を、いっしょに」

アウトプット:ブランドムービー(5’55”)


『人を育て 人を活かす』を創業理念とする日総工産の思い、『様々な環境・それぞれの思い』を抱えながら前線で活躍する日総工産の労務管理社員と派遣スタッフリアルな現場と喜怒哀楽を描いています。


日総工産の工場求人ナビYouTubeチャンネルでご覧いただけます:こちらから


 

映文連アワードの概要・選考方法など

プロフェッショナルの仕事にふさわしい作品を積極的に発掘・顕彰することによって短編映像業界の活性化を図るとともに、次世代を担う新しい才能(学生・個人)を発掘し、映像業界のインキュベータとしての機能を担うことを目的として、2007年に創設された短編映像祭。16回目を迎える今回の2022では、合計160作品の応募数。プロデューサー・ディレクターによる一次審査の後、映画監督、広告関係者、映画評論家の方々による二次審査を経て最優秀作品賞(グランプリ)1作品、文部科学大臣賞1作品、産業経済大臣賞1作品、優秀作品賞(準グランプリ)3作品、審査員特別賞1作品、コーポレート・コミュニケーション部門優秀賞5作品、ソーシャル・コミュニケーション部門優秀賞5作品、パーソナル・コミュニケーション部門賞5作品、優秀企画賞8作品、奨励賞2作品、優秀プロデューサー賞1名が選出されています。


映文連アワード2022について詳しくは:こちらから