• ADEX plus

2019年度「新聞広告クリエーティブコンテスト」最優秀賞を受賞

テーマは「新聞広告を広告する」


新聞広告 カラー全15段(1ページ) 受賞作品

 クリエーターの副田高行氏(審査委員長)、一倉宏氏、川口清勝氏、児島令子氏、照井晶博氏、服部一成氏と日本新聞協会広告委員会の正副委員長が、681点の応募の中から入賞作品を選定。このたび、 アデックス(ADEX)+アデックスデザインセンター(ADC)の連合クリエイティブチームが最優秀賞を受賞しました。




○講 評

子どもが勤めている企業の新聞広告を見た母親が、朝すぐにSNSで連絡をとっている場面を表現しています。


「新聞一面にSNSのデザインを大胆に処理した。シンプルながらも表現が洗練されている」(副田委員長)


「高齢者もSNSを使っているという時代性と、我が子の働く会社の新聞広告を見る喜びという普遍性。この二つをシンプルな強さで表現している」(児島委員)


などと評価されました。



○制作意図


テーマが「すすめ!新聞広告」だったので、「新聞広告の新しい価値や可能性を考えよう」と思ったのがきっかけです。


新聞の読者は高齢化していますが、読んでくれている数千万人の中の親世代に響けば、世論のように共感がじわじわ広がり、若い人にも共鳴すると感じています。


たとえば自分が勤める会社の広告を親がほめてくれて、会社への愛着や誇りが生まれるなんてことが起きるのも新聞広告ならではです。絆に作用し、強くて温かいコミュニケーションができる。


それが新聞広告の価値だと考えています。




詳しくは日本新聞協会広告委員会のHPへ

     ↓

https://www.pressnet.or.jp/adarc/adc/2019.html

最新記事

すべて表示

第2回 日経ARアワードで「日本経済新聞社賞」を受賞

2019年に開設されたNIKKEI AR AWARDS-「新聞を読む」から「新聞を体験する」時代へ-。第2回目の今回、アデックスは、「きせかえおしごとたいけん」で日本経済新聞社賞を受賞。また、グループ会社のアデックスデザインセンタ―(ADC)のチームも「のぞき見ランチ」でマイナビ賞を受賞、ダブル受賞となりました。 ・日本経済新聞社賞 受賞者:浦松 鉄也(株式会社日本経済広告社) ・マイナビ賞 受賞

「合言葉はがまんしない!ホップ☆ステップきとみちゃん」が、第8回Webグランプリ「企業グランプリ部門・企業B to Bサイト賞」でグランプリを受賞

第8回Webグランプリ( https://award.wab.ne.jp/ )「企業グランプリ部門:企業B to Bサイト賞」でグランプリを獲得しました。の各受賞サイトを決定いたしました。審査は参加企業による相互審査方式で行い今年は参加企業50社、合計61サイトから選出された183人の審査委員による相互審査の結果となっています。 賞名:企業BtoBサイト賞グランプリ サイト名:合言葉はがまんしない

第69回 日経広告賞において“ニッポン応援2020特別賞”を受賞 

こちらADEX plusでもWORKS(広告事例)としてご紹介をいたしましたサイボウズの新聞広告「がんばるな、ニッポン。無理して出社させない選択肢を」が、第69回日経広告賞において“ニッポン応援2020特別賞”を受賞しました。 ●詳しくはこちら NIKKEI Marketing Portal へ

Copyright : NIHON KEIZAI ADVERTISING CO., LTD All Rights Reserved.