• ADEX plus

PRムービーで地域農産物をしっかりと伝えるには “全米(コメ)が泣いた!?ラブコメストーリー HITOME-BORE” JAみやぎ登米の事例



クライアント:JAみやぎ登米

テーマ:地域農産物PRムービー

アウトプット:HP・イベント・YouTubeなど

担 当:ADEX日本経済広告社東北支社



 いま、放送中のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の舞台の1つ登米(とめ)市。登米市は宮城県の内陸部に位置し、農業、畜産業が盛んです。美味しいお米や仙台牛の約4割を占める牛肉などが有名です。


 そんな登米の生産者の方々が丹精込めてつくった農畜産物にかける熱い想い思いをヒューマンドラマ風のPRムービーとして制作しました。コミカルかつドラマチック、そして、思わずホロっとしてしまう、“自分ごと”のように身近に感じて、応援したくなるようなストーリー構成となっています。



 今回のPRムービーを制作するにあたって、クリエーティブチームは、①意外性やおもしろさやのインパクト②スキがあったりおかしかったりの突っ込みどころ③自分に重なる親近感や感情移入と応援したくなる共感性、この3つの要素をムービーに盛り込みつつ、それらのテンションの強弱、そしてそれらのバランスを最適化しストーリーに落とし込んでくことに細心の注意を払いました。もちろん、一番重要な登米市産食材を全篇通してしっかりとアピールしています。



 「見はじめたらなぜか最後まで見てしまう」、「『なんでやねん!』と突っ込みを入れたくなるシーンがたくさん」、「見たあとの何とも言えない爽快感」、「登場人物のやり取りに思わずホロっとくる」、「登米市、なんかいいな」、そして、「登米市の農産物、食べてみたい」…そんな気持ちになってしまいます。8′05″と比較的長尺ではあるものの、決して長いと感じさせない内容の濃いものとなっています。



 また、随所で流れるテーマソング「TOMEってカーニバル」は、このPRムービーのために制作された言わば“書下ろし”作品。軽快なサンバのリズムに乗って、明るくて親しみやすく、お祭り感があって、子供からお年寄りまでがみんなで歌って踊れるような曲に仕上げています。出演した子供たちと一緒になって振り付けを決めてゆくなど、制作に関わったみんなで試行錯誤しながら練りに練って完成に至りました。一度聴いたら、だれもが口ずさんでしまうような耳に残るフレーズ、「TOMEってカーニバル」、こちらも必聴!です。




JAみやぎ登米のHPはこちらから


全米(コメ)が泣いた!?ラブコメストーリー HITOME-BORE

 YouTubeでの視聴はこちらから



ADEXは、全国の地方創生・地域活性などの事業プロデュース、一次産業分野におけるストラテジックプランニング、ブランディング、広報活動など、様々なニーズにお応えします。


ADEXの営業拠点は、本社(東京)・関西(大阪)・名古屋(名古屋)・東海(静岡)・九州(福岡)・東北(仙台)の6拠点となっています。日本全国、エリアを限定せずご相談を承っております。


お問い合わせはこちらから

最新記事

すべて表示

アンステレオタイプ広告賞優秀作品としてADEX制作の2つの作品が紹介されました。

11月11日(木)付けの日本経済新聞朝刊で、第2回「日経ウーマンエンパワーメント広告賞」の受賞作品等がカラー見開きで紹介されました。この特集記事の中で、サイボウズの新聞広告「多様性についてのお詫び広告」とクレハWebムービー「僕は手伝わない」のADEX制作の2つの作品がアンステレオタイプ広告賞優秀作品として取り上げられました。