• ADEX plus

「重くなったヒョウケイさん」 日々の業務でヒョウケイサン(表計算)に頭を抱えているビジネスパーソンたちへ



 サイボウズのキントーンは、ITの専門知識がなくても業務改善が図れるクラウドサービス。


 ビジネスクラウドサービスのCMは、オフィスシーンを舞台としたクリエーティブがほとんどです。今回、キントーンのCMを制作するにあたり、まず、その設定を思い切って外しました。そして、エクセルに困っていながらも改善を自分事化せずアクションを起こさないビジネスパーソンに、面白いと感じてもらい共感を持ってもらえるようなクリエーティブを心がけました。



「なんでこんなに重いんや!!」日々の業務でヒョウケイサン(表計算)に頭を抱えているビジネスパーソンたち


彼らの前に現れたのは、サイに乗ったお坊さん…なんと!“サイ坊主”



その“サイ坊主”の「キントーーーン」の掛け声によって呼び出されたのは、キントーンの女神、木村文乃さん。導かれ雲に乗ったビジネスパーソンたち。「乗り心地は?」の問いかけに、答えは「どクラウドです!」



 お茶の間のクラウドサービスに関係のない方々にもキントーンの認知を広めていきたいとの思いもあり、明るく楽しく、そしてエンターテイメント要素の強いTVCMに仕上げています。


 「重くなったヒョウケイさん」篇のほかに、「開かないヒョウケイさん」篇・「最新が分からないヒョウケイサン」篇・「行くぞ!キントーン」篇のシリーズ4篇です。是非、ご覧になってください。


詳しくはこちら:サイボウズ キントーン 特設サイト

最新記事

すべて表示

アンステレオタイプ広告賞優秀作品としてADEX制作の2つの作品が紹介されました。

11月11日(木)付けの日本経済新聞朝刊で、第2回「日経ウーマンエンパワーメント広告賞」の受賞作品等がカラー見開きで紹介されました。この特集記事の中で、サイボウズの新聞広告「多様性についてのお詫び広告」とクレハWebムービー「僕は手伝わない」のADEX制作の2つの作品がアンステレオタイプ広告賞優秀作品として取り上げられました。