• ADEX plus

数ある広告の中で目に留めてもらう為、科研製薬が研究を推進していた腋窩多汗症による意外と大きな経済損失を立たせながら、ワキ汗の悩みをアイコニックに表現した新聞広告

原発性腋窩多汗症向けの治療薬を販売している科研製薬。会社のブランドロゴ刷新のタイミングでもある6月にDTC広告を計画。「腋窩多汗症は治せる」症状であることを啓蒙することを軸にして、科研製薬オリジナルの腋窩多汗症研究結果「腋窩多汗症による経済損失は3,120億円」をフックに、ビジネスパーソンに親和性が高い日本経済新聞に全15段広告を掲載しました。



ワキ汗の原因のひとつである原発性腋窩多汗症。5歳から64歳の男女を対象にしたアンケート調査では有病率は5.75%でおよそ20人に一人という結果もありますが、病気としての認知があっても治療率は1割未満だといいます。


また、患者さんにとって医療費や通院に伴う交通費、衛生用品費などの出費に加えて、「人目が気になる」、「汗がワキを伝う不快感」といった心理的負担からくる「就業中のパフォーマンスが30%も低下する」という生産性を元に試算した経済損失は1ヶ月で3,120億円※にも上がるとの研究があります。


一個人の悩みであるワキ汗を、経済損失として企業や社会の問題として捉え、保険治療が可能であること、社会的課題であること伝えることで、患者さんの10%以下と言われる病院受診を高め、それを後押しすることを狙いました。


J‐MONITORによる広告クリエーティブ評価では「目立つ」が平均値より+14.5P高いスコアを獲得。狙い通りアテンションを獲得し、クライアントのブランディングに寄与することができました。


※経済損失についての詳細はこちら https://wakiase-navi.jp/news/202206_nikkei.pdf


ADEX plusについてのお問い合わせはこちら:CONTACTページ