​ADEX plus オンラインセミナーのご案内

『ニューノーマル広告最前線』

コミュニケーションの考え方、作り方、伝え方はどう変わったか

 新型コロナウイルスの影響により、私たちの暮らし、消費、コミュニケーションは激変しました。数年分の変化が一気に進んだとも言われ、今後も激しい環境変化が続きます。この流れは、加速はすることはあっても、戻ること、止まることはないでしょう。この変化に合わせ、どのようなマーケティング・コミュニケーション施策をどうやって進めるか。コミュニケーションの企画、制作、伝達、すべてのフェイズで、新しい視点が求められています。

 今回のセミナーは、コミュニケーションの主力になっているコンテンツや動画について「考える」「作る」「伝える」の3つの視点から、現在の取り組み、誰も答えを持っていない状況を突破する方法や工夫を紹介します。また、これから取り組んでいくことも、できる限りご紹介させていただきます。

 

 上記のコンテンツに加え、Googleの社員の方にも登壇頂き、最新のトレンドを踏まえてお話を頂きます。

 

 どちらもオンラインでの必見・必聴のセミナーコンテンツとなっておりますので、是非ご参加いただけますと幸いです。

〈講演テーマ〉

 

「先が読めない時代のコンテンツ戦略の考え方」

 木下 顕志(株式会社日本経済広告社)

「非常時の制約下における企画と制作手法」

 菅野 友(株式会社 日本経済広告社)

 

「コロナ禍における動画の視聴環境と視聴トレンド」

 知花 圭太(グーグル 合同会社)

〈開催日時〉

 

日  時:2020年7月8日(水)16時00分 ~ 17時15分 

 

参 加 費  :無料​

※Zoomによるオンラインセミナーとなります。

〈お申込み・参加方法〉

 

弊社の担当営業に

 

・参加希望の旨  ・参加者氏名  ・メールアドレス

 

をお知らせください。

 

  ※1社2名様までに限らせて頂きます。

  ※広告会社・制作会社などの同業者のご参加はご遠慮頂きます。

  ※お申込みが多数の場合、次回セミナーへのご案内になる場合があります。

   ご了承ください。

〈お申込み締切〉

 

お申し込みは締め切りとさせて頂きました。

〈講演者プロフィール〉

木下 顕志-株式会社日本経済広告社クリエーティブ・ディレクション局1部 部長

 

クリエーティブディレクター / コンテンツデザイナー

 

コンテンツデザインを軸に戦略設計から企画、クリエーティブディレクションを担当。主にブランディング、商品企画、イノベーションプロジェクトなどの案件に携わる。受賞歴はJAA広告賞、消費者が選んだ広告コンクール、広告電通賞、グッドデザイン賞など。

菅野 友-日本経済広告社クリエーティブ・ディレクション局3部 部長

 

クリエーティブディレクター

 

クリエーティブ制作会社を経て2007年にADEX入社。オフライン・オンライン問わず、プランニングからクリエーティブの企画・制作まで幅広く担当。受賞歴はACCフィルム部門グランプリ、アジア最大級の広告賞Spikes Asiaでブロンズ、日経電子版広告賞など。

知花 圭太-グーグル合同会社カスタマーソリューション事業本部 代理店営業マネージャー

 

Webマーケティングの導入支援、コンサルティングに従事後、2011年 Googleに入社。

広告ソリューションの営業、ビジネス開発、パートナーシップ事業の立ち上げを経て、アジア太平洋地域 プロダクトスペシャリストとして年間 50以上のセミナー/勉強会に登壇2020年より広告代理店と共にGoogle広告の新たな活用方法の導入支援を担当中。

こちらのセミナーは終了いたしました。

たくさんのご参加、ありがとうございました。

セミナーについてのお問い合わせはこちら

 plus@adex.co.jp

Copyright : NIHON KEIZAI ADVERTISING CO., LTD All Rights Reserved.