top of page
  • 執筆者の写真 ADEX plus

JAAAの第52回(2022年度)懸賞論文「わたしの言いたいこと」新人部門で入選しました



部門:「わたしの言いたいこと」新人部門

入選論文:2022年の行動変容モデル「FUREEM(フレーム)」の考案

受賞者:IMC推進本部IMCP局 向井俊介(※)


近年、見受けられる「調べたくない消費者に適合させた行動変容モデル『CREEP』」をもとにコロナ禍やウクライナ侵攻など、様々な問題が起こった2022年の傾向を検証し再定義。『FUREEM(フレーム)』という新しい行動変容モデルを考案しアップデート・提唱している論文です。このテーマ設定にもとづくテーゼ・具体的な提案性・高い論文構成が、審査員たちから高い評価を得て、新人部門全応募123作品の中から入選作(2作品)に選ばれました。※受賞者の所属部署は受賞当時のもの。現在はCPD本部CPD局に所属しています。


JAAA第52回懸賞論文入賞・入選者一覧はこちら(JAAAのサイトへ)

向井俊介のプロフィールと入選作品はこちら(JAAAのサイトへ)


ADEX plusについてのお問い合わせはこちら:CONTACTページ

Comments


bottom of page